リーチサイトで逮捕?アダルトアフィリエイトでは大丈夫?

アダルトアフィリエイターから注目集めているリーチサイトの件について個人的な見解を話したいと思います。

 

あくまでも個人的な意見です、そんな感じでみてください。

 

 

先ず答えをいっちゃうと「pornhubを紹介するようなリーチサイトはやめた方がいい」と思っています。

 

さらにいうと「このタイミングでアクセストレードをやめるべき」だと思っています。

 

 

この個人的な意見についてゆるく解説をしたいと思います。

 

 

 

 

 

そもそもリーチサイトってなに?

 

アダルトアフィリエイトでリーチサイトは大丈夫?

 

(※文化庁ウエブサイト文化庁著作権審議会分科会法制・基本問題小委員会から抜粋※)

 

リーチサイトは簡単にいうと『pornhubなどの海賊版サイトを紹介しているサイト』です。

 

これからアダルトアフィリエイトを始める方もいると思うので詳しく話すと、気になる無料動画をクリックしたらpornhubなど海賊版サイトが開くエロブログをいいます。よくアクセストレードで有名なエロタレストに登録しているエロブログ達に見られるサイトです。

 

ここではアダルトアフィリエイトに特化して話をしていますがリーチサイトは沢山のジャンルに存在します。音楽、一般動画、漫画にもリーチサイトが存在します。よくU-NEXTなどのVOD案件を紹介しているアフィサイトも海賊版サイトへ誘導するリーチサイトタイプが支流になっています。

 

 

消費者からすれば「ただで見れてラッキー!」みたいな感じで喜ばれていましたが、この全ジャンルのリーチサイトは2020年10月から刑事罰の対象となりました。刑事罰の条件として、著作権者側からの告訴が必要で有罪が決まると2年以下の懲役か200万円以下の罰金、またはその両方が科されます。

 

 

リーチサイトが刑事罰の対象となる報道が流れてから、pornhubでも「リーチサイトに使わないでください」などの警告を動画の冒頭に入れるなどアピールをしています(ここに関してはそもそも論として投稿者がpornhubに違法アップロードするなという意見が聞こえてきそうですが・・・)。

 

 

 

 

アダルトアフィリエイトにおいてリーチサイトが刑事罰の対象になることで起こりうる流れとは?

①見せしめで逮捕者がでる

 

以前Twitterでもツイートしましたが、国は海賊版サイトやリーチサイトのせいで本来企業や消費者から搾取できた税金を失っています。

 

リーチサイトのせいで減収になっている業界全ての損益を入れると数千億のマイナスに登ります。このまま放置すれば兆の単位です。

 

 

「海賊版サイト撲滅!」「リーチサイトも刑事罰の対象に!」

 

こんな感じで企業側は騒いでいるけど国にとっては税金を搾取できるシステムをしっかりと構築したいだけです。その為にはリーチサイトも刑事罰の対象に入れて、今後増えないように見せしめで逮捕者を出すという流れが予想されます(ほんと流石に逮捕だけはいやだな…)。

 

10~15分だけの短い動画なら紹介しても大丈夫だろうと勝手な解釈をしている人が多いですが、そんなの国にとってはどうでもよくて、ただ抑制の為に見せしめで逮捕者を出すでしょう。

 

 

↓2020/11/19 追記↓
どうやら、早速逮捕者がでたみたいですね。

 

 

 

②アクセストレードで有名なエロタレスト等の集客がガッツリ減り、何かあってもかばってくれない

 

アダルトにおいて、リーチサイトとしてアフィサイトを運営している方はほとんどアクセストレードで有名なエロタレストなどに登録しています。今回の件でかなりのアフィリエイターが撤退するでしょう。

 

撤退することでエロタレスト自体のSEOはさらに弱まります。

 

そもそも著作権側であるメーカーから告訴される可能性だって大いにあります。メーカー側が動けばASPであるDMMやMGSも『リーチサイトで宣伝NG』などの条件をつけてくる可能性だって考えられます。

 

僕たちアフィリエイターは横文字で表現されていますが、ただの『下請け』です。下請けはクライアントに逆らうことはできません(交渉はできるけどね)。

 

 

あと、これは余談ですがエロタレストなどのアクセストレードサイトは、今後あなたがリーチサイトとして登録をしても黙認すると思います。

 

それは『黙認する=何かあったら自分で責任をとってね』という意味で、あなたがリーチサイトとして逮捕されても絶対にかばってくれないし、エロタレスト側がリーチサイトとして登録しているのを知らなかったとつっぱねる形になると思います。

 

結果、リーチサイトを続けることで、逆にエロタレスト側に集客をする一つの手段として逆に利用されて終わる形になるでしょうね。決してwinwinな関係とはいえないです。

 

 

 

 

③SNSでアカウント廃止になる確率があがる

 

アクセストレードをしているエロブログでは、Twitterから集客している方が数多く見受けられますが、今後刑事罰の対象になるならより一層アカウントの停止になる可能性がアップするでしょう。

 

TwitterなどのSNS側も犯罪行為に加担している企業イメージを世間に持たせたくないと思っていますしね。

 

 

 

今後リーチサイトを使ったアダルトアフィリエイターが稼ぐ方法とは?

正直わかりません。

 

あったら教えてほしいです。その方法で僕も稼ぎたいです。

 

 

Twitterでリサーチしていると

 

「今のところ問題なくリーチサイトで稼げているから大丈夫!」

 

「様子をみながらこのまま続けよう!」とかツイートされていますが個人的にはそこはどうでもよくて、

 

あくまでも今後僕は国や法律と戦って勝てるとは思わないので、推奨しないと述べています。

 

 

 

 

僕はアクセストレードを2ヶ月くらいで早々に撤退したので、アクセストレードで爆発的に稼ぐ方法をみいだせないまま終えてしまいましたが、もし別の方法でアクセストレードを使った稼ぎ方があるならそれをすればいいだけです。ただ違法サイトを紹介してまで国と戦ってもお先真っ暗だと個人的には思うので僕はしません。

 

 

アクセストレードはマンパワーで頭より体力を使います。将来的には法律に関係なくAIに駆逐されると思っています。その時にキャッシュポイントをなくして焦るより、今のうちにしっかりとなにかしら動いたほうがいいと思い、僕はSEOアフィを継続しています。

 

 

他での稼ぎ方について冷静に考えてほしいのが、あなたが『いくら今後稼ぎたい』かで行動は変わってきます。

 

 

数万円ならライターで副業をした方が確実に仕事があるし、ライティングも向上します。

 

数十万円ほしいならSEOで勝負するしかないです。

 

→アダルトアフィリエイトのノウハウ

 

→アダルトアフィリエイトのSEO

 

→tenpaのnote

 

 

ここで書いた内容はあくまでも僕の意見ですので、「俺はリーチサイトを使ったアダルトアフィリエイトをするっ!」と思い行動するのは全然ありだと思います。何事も自分で決めて自己責任でやることが一番頑張れます。そんな感じでよろしくです。

 

以上が、個人的な見解でした。

※注意 こちらのブログは、ASP関係のスタッフが作っているブログではないです。当ブログ管理人tenpaは、タダのアフィリエイターです。僕に興味がありましたら、Twitterでご確認ください。

@tennenparmadazo